水漏れが原因の水のトラブル

水漏れが原因で思いもよらぬトラブルに巻き込まれることがあります。一戸建ての場合はまだ自分だけで解決できますが、マンションやアパートとなるとそうはいきません。どんな水のトラブルがあるのかを知り、自分が加害者にならないよう気をつけ、また被害者になった時にどうなるのかを知っておきましょう。

水のトラブルは損害賠償を請求されるか

お風呂やキッチンの配管など、常に濡れている場所や見えない部分からの水漏れはなかなか気づかず、被害が甚大になることもあります。下の階の人や大家さんから損害賠償は請求されるのでしょうか。
まず、水漏れの原因によって責任を負う人は変わります。老朽化やメンテナンス不備が原因であれば管理会社に責任があり、自分の過失であれば損害賠償を支払わなくてはいけません。壊れたものや下の階が店舗であり営業を一時停止したのであれば、営業損失分を支払います。



■被害者になったら泣き寝入りをしないで

施設賠償責任保険や個人賠償責任保険の特約に責任者が加入していれば保険で補ってもらえますが、入っている人はなかなかいません。保障してもらえないとわかったら、火災保険の水漏れ保障に入っているかを確認しましょう。
これは、自分以外の誰かが水漏れを起こした時にでた被害を補償してくれる保険です。入っていなければぜひすぐに加入しましょう。




■まとめ
水漏れは誰でも被害者や加害者になりうるトラブルです。加害者になった時は、自分に過失がなくても誠心誠意謝罪し、掃除などのお手伝いをしましょう。スムーズに解決をすることでご近所トラブルも防げます。
被害者になってしまったら、相手からの支払いや保険をフル活用して、自分で被る費用を最小限にしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ